2015年8月13日木曜日

FJネクスト・ガーラ木場問題

希望のまち東京in東部は2015年8月13日(木)、希望のまち東京in東部第58回市民カフェを東京都江東区東陽の希望のまち東京in東部事務所で開催した。今回はFJネクスト・ガーラ木場新築工事問題と「戦争嫌だ!足立憲法学習会実行委員会」報告、川内原発再稼動である。

FJネクスト・ガーラ木場新築工事は問題である。以下内容のA4フライヤーを用意した。FJネクストはガーラ東麻布新築工事(港区東麻布1-29、赤羽橋)でもガーラ木場新築工事(江東区東陽1-16-21)でも隣接地ギリギリに高層マンションを建設する非人間的な計画を進めている。隣の住宅との境界線ギリギリの建物は、光と風とプライバシーを奪う。住民の圧迫感は甚大である。戸建て中心の住宅街での高層マンション(10階建て約30m)は環境と景観を破壊する。

FJネクストは、地域住民の苦痛を無視し、地域に必要がない投資用ワンルームマンションを建設し、迷惑勧誘電話で地方在住の公務員などに売りつける。そこに街づくりの思想はない。マンション投資の迷惑勧誘電話は社会問題になっている。投資用ワンルームマンションは風俗を乱す。迷惑勧誘電話は反社会的である。エフ・ジェー・ネクストにだまされてはいけない。FJネクストのような企業を存続させていいか。

FJネクストから勧誘電話がかかってきたことがある。税金対策がどうとか言う。執拗である。怒鳴り散らしたら、無言電話がかかってきた。上から目線で話す。「皆、やっていますよ」と勧誘する。だからと言って自分がマンション投資をしなければならない理由にはならない。

希望のまち東京in東部は空き家問題に増えている。ますます空き家が増えるだけである。そこで横断幕には「未来の住環境を守れ」と記載した。住環境破壊に対して住民が声をあげることは当然である。元々の住環境が変わる。投資用マンションにおかしいと声をあげていい。FJネクストが良心的な業者でないことは確かである。

以下の横断幕・幟旗を作成する。

横断幕「もうご免!投資用ワンルーム エフ・ジェーネクストは未来の住環境を守れ!」

※背景黄色、文字は黒で白縁ゴジック体。「もうご免!」は赤窓。

幟旗「FJネクスト!境界線ギリギリの高層マンション非人間的!」

※背景黄色、文字は黒ゴジック体

幟旗「エフ・ジェー・ネクスト!住民無視のワンルーム大反対!」

※背景深緑、文字は白ゴジック体 1枚

幟旗「エフ・ジェー・ネクスト!環境破壊の投資用ワンルーム反対!」

※背景赤紫、文字は白ゴジック体

宅地建物取引業法では、宅地建物取引業者に対し、契約の締結の勧誘をするに際しての「電話による長時間の勧誘その他の私生活又は業務の平穏を害するような方法によりその者を困惑させる」行為を禁止する(宅地建物取引業法施行規則第16条の12第1号のハ)。断ったにもかかわらずしつこく電話をかけてくる場合、国土交通省などに通報して規制を求めることができる。
http://www.hayariki.net/tobu/cafe58.html
FJ NEXT Nuisance Calls (Japanese Edition) [Formato Kindle]
http://www.amazon.it/dp/B012TPOR52

0 件のコメント:

コメントを投稿