2015年8月5日水曜日

FJネクストが恫喝

#マンション #投資 #不動産 #悪徳商法
マンション投資の迷惑勧誘電話で悪名高いエフ・ジェー・ネクストは住民説明会では大声を出して住民を恫喝する。FJネクストの迷惑営業電話は失礼である。エフ・ジェー・ネクストは反省して態度を改めることができない。通常では聞かない「地獄」という言葉。それは住民が日常生活の中で突如として直面した事態の深刻さと苦しみを何よりも表していた。住環境が突如として破壊される理不尽さ。その悲劇が全国各地で次々と起きている。エフ・ジェー・ネクストの問題事例を一つ一つ収集し分析することで教訓を得ることができる。

エフ・ジェー・ネクスト迷惑勧誘電話の行き着くところに何があるのか。赤羽橋のガーラ東麻布新築工事や江東区東陽のガーラ木場新築工事は境界線ギリギリに建築する非常識なマンションである(林田力『FJネクスト迷惑電話』Amazonキンドル)。エフ・ジェー・ネクストの住民説明会は問題である。都合の悪い質問は大声を出して恫喝する。悪徳不動産業者の地金が出ている。これがエフ・ジェー・ネクストの本性である。住民は内蔵が引きちぎられる思いである。エフ・ジェー・ネクストの恫喝には、そこに本音がある。住民に自社の主張を押し付けるだけのエフ・ジェー・ネクストが共感を得られないことは当然である。居住と命を守る観点で計画を見直すべきである。

0 件のコメント:

コメントを投稿