2015年8月31日月曜日

FJネクストと吉野健太郎

#危険ドラッグ #危険 #ドラッグ #脱法ハーブ
FJネクスト(エフ・ジェー・ネクスト)と危険ドラッグ(脱法ドラッグ、脱法ハーブ)薬事法違反の吉野健太郎のような危険ドラッグ売人のメンタリティは共通する。FJネクストは迷惑勧誘電話も住環境破壊も法律に違反していないと主張する。法律に違反しなければ何をしてもいいのか。それは危険ドラッグを合法ハーブと主張する売人と変わらない。FJネクストも吉野健太郎も周りの利益を顧みず自分勝手に振る舞う点で共通する。マンション投資はジリ貧どころかドカ貧になりがちである。『デスノート』のキラがいれば吉野健太郎の名前を書くだろう。
FJネクスト問題や危険ドラッグ福井事件から何を汲み取るべきかを考えてみたい。林田力『危険ドラッグの話題は禁止』は一人一人が危険ドラッグ問題に向き合うことを語りかける。何よりも住民の意思を尊重することが大切である。開発業者も思いを致すことが必須である。

迷惑勧誘電話のFJネクストのガーラ・グランディ小竹向原は買ってはいけない。
http://akiba.geocities.jp/uchuubaka/
FJネクスト迷惑電話 
#投資 #これはひどい #消費者 #悪徳商法 #詐欺 #悪質商法 #被害 #トラブル #賃貸 #マンション #不動産 #アパート #貸家 #勧誘電話 #迷惑
https://sites.google.com/site/boycottfjnext/

0 件のコメント:

コメントを投稿