2015年8月28日金曜日

危険ドラッグの話題は禁止

#危険ドラッグ #危険 #ドラッグ #脱法ハーブ
危険ドラッグ犯罪しぇしぇしぇのしぇ男の公判(刑事裁判)が開かれた。全く反省しているようには見えなかった。検察の求刑が軽すぎるとインターネットではコメントされた。薬物犯罪での刑罰の軽さは吉野健太郎の薬事法違反にも当てはまる。
暴力団・山口組に分裂の可能性が報道された。少なくとも山口組は建前は薬物を御法度としている。分裂抗争が起こり、裏社会の統制が弱まり、半グレ・ヤンキー集団がのさばり、危険ドラッグ蔓延とならないか懸念される。

林田力『危険ドラッグの話題は禁止』は危険ドラッグ福井事件を中心に危険ドラッグ(脱法ハーブ、脱法ドラッグ)の問題を取り上げる。危険ドラッグ福井事件で危険ドラッグ販売(薬事法違反)の有罪となった吉野健太郎は自己のアングラサイト「連邦」で脱法ハーブ(自称「合法ハーブ」)の宣伝広告を掲載していた。危険ドラッグ売人に人の痛みは理解できない。危険ドラッグ売人による危険ドラッグの話題は禁止すべきである。
危険ドラッグは社会問題になっている。危険ドラッグは違法薬物と類似成分を持つ幻覚作用を持ったハーブである。危険ドラッグは多数の死者を出している。Dangerous drugs are hallucinogenic herbs that contain chemicals similar to those found in illegal narcotics. Dangerous drugs have caused many deaths.
危険ドラッグは風俗を乱す(林田力『危険ドラッグは風俗を乱す』Amazon Kindle)。危険ドラッグにNOである(林田力『危険ドラッグにNO』Amazon Kindle)。脱法ハーブにNOである(林田力『脱法ハーブにNO』Amazon Kindle)。

東京都安全・安心まちづくり条例改正で危険ドラッグ対策
東京都安全・安心まちづくり条例改正案パブコメ意見
吉野健太郎の危険ドラッグ問題と誹謗中傷
吉野健太郎逮捕と危険ドラッグ売人カルト
危険ドラッグ売人カルトを医薬品無許可販売で摘発
危険ドラッグ福井事件の捜査終結
危険ドラッグ福井事件で吉野健太郎に懲役2年求刑
吉野健太郎求刑とスレからし
危険ドラッグ福井事件で吉野健太郎に有罪判決
危険ドラッグ薬事法違反で吉野健太郎が有罪判決
危険ドラッグ福井事件で実刑判決
田代まさし二子玉川盗撮報道と吉野健太郎
脱法ハーブ宣伝の連邦が一時閉鎖
トヨタ自動車役員がオキシコドン輸入容疑で逮捕
トヨタ自動車役員と吉野健太郎逮捕
トヨタ自動車元役員が釈放
中国からの危険ドラッグ原料輸入
中国で日本人薬物犯に死刑執行
髪型で危険ドラッグ輸入
危険ドラッグ対策は陸上のみでは不十分
危険ドラッグ犯罪のハードル
危険ドラッグ売人と迷惑メール
危険ドラッグは利器ではない
『脱法ドラッグの罠』
『ドンケツ 14巻』ドラッグは悪

【書名】危険ドラッグの話題は禁止/キケンドラッグノワダイハキンシ/Dangerous Drugs Prohibition
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
【出版社】枕石堂/Makuraishido
東急不動産消費者契約法違反訴訟原告。『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者。希望のまち東京in東部共同代表、都政わいわい勉強会in東部地区実行委員。他の著書に『二子玉川ライズ反対運動』シリーズ、『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』『東急ストアTwitter炎上』『東急ホテルズ食材偽装』『何故、空き家活用か』『北本市いじめ自殺裁判』『江東区と東京オリンピック』『ブラック企業・ブラック士業』『危険ドラッグは風俗を乱す』『FJネクスト迷惑電話』など。
Hayashida Riki is the plaintiff who fought against TOKYU Land Corporation. Hayashida Riki is the author of "The Suit TOKYU Land Corporation's Fraud: How to Win" and "The Opposition Movement against FUTAKOTAMAGAWA Rise."

迷惑勧誘電話のFJネクストのガーラ・グランディ小竹向原は買ってはいけない。
http://akiba.geocities.jp/uchuubaka/

0 件のコメント:

コメントを投稿