2015年8月14日金曜日

東急ストア個人情報紛失

#東急ストア #個人情報 #東急 #不買運動
東急ストア蒲田店は個人情報の書かれたプレゼントキャンペーンの応募用紙を紛失した。応募用紙には氏名、住所、電話番号、性別など個人情報が書かれている。東急ストアの発表は、誤って破棄した可能性が高く、漏洩の可能性は低いとするが、論理破綻である。破棄した情報から漏洩することもあり、破棄されたことと漏洩していないことは結び付かない。ゴミ箱漁りはハッキングの手口として紹介されているほどである。自社の不祥事を小さく見せようと必死である。これは東急不動産消費者契約法違反訴訟における東急リバブル東急不動産の「お詫び」と重なる(林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』ロゴス社)。
東急ストアではバカッター事件も起きた(林田力『東急ストアTwitter炎上』Amazonキンドル)。東急ストアのマネジメントに問題がある。消費者無視は東急不動産だまし売り裁判と同じく東急グループの特徴である。エンドユーザー志向のない、利益追求の企業である。
個人情報の扱いの悪さはマンション投資の勧誘電話で悪名高いFJネクストと並ぶのではないか。マンション購入の勧誘電話と言えば、東急リバブルも湘南袖が浜レジデンスの勧誘電話が批判された。

FJネクスト・ガーラ東麻布新築工事建築紛争
https://www.youtube.com/watch?v=sXonyAcM8IU
FJネクスト迷惑電話 
#投資 #これはひどい #消費者 #悪徳商法 #詐欺 #悪質商法 #被害 #トラブル #賃貸 #マンション #不動産 #アパート #貸家 #勧誘電話 #迷惑
https://sites.google.com/site/boycottfjnext/
迷惑勧誘電話のFJネクストのガーラ・グランディ小竹向原は買ってはいけない。
http://akiba.geocities.jp/uchuubaka/

0 件のコメント:

コメントを投稿