2015年7月3日金曜日

医療裁判傍聴のお願い

2015年7月15日(水)10時東京地裁703法廷で開かれる医療裁判傍聴のお願いです。人間の「命」は、平等であり年齢、健康体、罹患体の隔てなく何人も侵すことのできない絶対的権利です。患者は自分の体に何が行われるのかを「知る権利」があります。また患者には、法的に保護されている「患者の自己決定権」があります。医師には、患者が自己決定するための「医師の説明義務」があります。患者の承諾のない治療行為は「専断的治療行為」といって法的制裁を受けます。本件は、母親の病状にたいして十分な説明及び治療を行わずに命を絶ったとして、長女が長男夫婦と病院を訴えた事件です。傍聴のお願いを申し上げます。
http://beauty.geocities.jp/souzoku_nakano/

0 件のコメント:

コメントを投稿