2015年6月13日土曜日

民主党の合同報告会

中野サンプラザで民主党の区政・都政・国政合同報告会が行われた。長妻昭氏らが話した。
質問。富国強兵の政策になっている。地域の問題について、民主党は誰に相談したらいいか分からない。民主党は鈍いのではないか。質問。渋谷区の民主党は、何を要望しているか分からない。
質問。集団的自衛権は命の問題である。練馬区では超党派の反対運動が起きている。市民と一緒に運動する音頭を民主党がとって欲しい。何党と一緒の行動はできないと言わずにメッセージを出して欲しい。
都議の回答。区議会議員と都議会議員と意見交換をしている。安保法制に力を入れるとの意見は、ごもっともである。都議会で安保法制を見直すべきとの意見書を提出する予定。
長妻。どんどんやってもらえれば。強行採決されないように。横浜の憲法集会は三万人集まった。議員会館前では連日集会がある。他のグループと連携するように指示を出している。

質問。日本の風土風習に適した雇用形態をつくってほしい。
長妻。均等待遇を申し上げた。そこはきちっとやらなければならない。維新と提出したが、維新は均衡待遇を自民党と修正した。外国のものを右から左に持ってくるのは良くないは、その通りである。
質問。戦争を総括する組織を作って欲しい。日本人も納得し、海外からも認められるような。憲法9条にも踏み込んで欲しい。武器なくして守れるのか。
回答。日本独自の総括をしていない。国会に特別委員会を作るべきと提言した。
憲法9条と日米安保制度が平和を守ってきたと考える。抽象的違憲審査を求める議論もある。

質問。東京都は自転車は車道を走れと言うが、車道は怖い。幅寄せされる。警察は矛盾している。歩道を分離して欲しい。
都議。おっしゃる通り。重要課題に位置付けている。東京都内は車道を走ることは危ない。

派遣法改正は一生派遣にしてしまう。労働生産性も下がっている。格差を拡大し、許されるものではない。
年金機構は民主党政権の時は緊張感を持って働いていた。監視機関が自民党政権で廃止されて、タガが緩んでいる。自民党政権は年金機構の指導が緩い。沖縄県、福岡県、栃木県のデータが情報流出の大半である。

日本周辺は現実に対応する。日本周辺は物理的攻撃がなくても、座して死を待たない。個別的自衛権で対応できる。PKOも現実に対応する。宿営地周辺の警備業務を行う。駆けつけ警護も厳格な要件の下で認める。
安倍首相の歴史認識をこれから審議していきたい。総理大臣の責任は大きい。先の戦争は間違った戦争とは言わない。

0 件のコメント:

コメントを投稿