2015年5月10日日曜日

希望のまち東京in東部2015年5月定例会

希望のまち東京in東部は2015年5月9日、2015年5月定例会を東京都江東区東陽の希望のまち東京in東部事務所で開催した。2015年5月10日告示、17日投票の足立区長選挙・足立区議会議員選挙に向けて、これまでの経過報告と方針について議論した。

希望のまち東京in東部は足立区長選挙立候補予定者・斉藤まりこ(斉藤真里子)氏を応援する。ウェブサイトで発表するアピール文を作成する。斉藤まりこ勝手連のウェブサイトにインタビュー動画を埋め込む。同じページに土屋のりこ氏(平和と民主主義をともにつくる会・東京)、やこう恵美氏(緑の党)のインタビュー動画も埋め込む。

市民と一緒になって足立区長選挙を闘う。色々な会派と運動を進める団体と分かってもらえることが大事である。本当は市民グループを結集させたい。足立区長選挙をきっかけにできないか。せめて区議会は会派にとらわれずに動いて欲しい。空き家問題があるならば一緒にやるというように。一緒に動いてくれるという議員さんを作りたい。全面的に応援して裏切られたということにならないように。純粋にやろうとしても無理である。

「足立区政を語る集い」の参加者は様々な政治的立場の人がいた。2015年足立区議会議員選挙・新人立候補予定者アンケートを実施している。選挙への関心を持ってもらう。どの候補者が何を言っているか分からない有権者も多い。

足立区長選挙公開討論会の斉藤まりこさんは良かった。話に慣れている感じであった。打てば響く。新人とは思えなかった。地方自治体の首長は国政レベルの命の問題に関わりがある。斉藤さんの指摘はアピールできる内容である。高校生らに自衛隊の勧誘が送付されている。自衛隊に就職することが貧困対策になりかねない。奨学金を得やすくなっているが、返済が大変である。ブラック企業でもいい、自衛隊でもいいとなりかねない。

希望のまち東京in東部が江東区議会に提出した「若者の自立支援政策を目的とした区内の空き家の実態調査とそれに基づく施策策定を求める陳情」は江東区議会議員の任期が2015年4月30日で満了となったため、審議未了になった(江東区議会事務局長「請願・陳情の審議未了について」2015年5月7日、27江区議第144号)。

希望のまち東京in東部の総会を6月13日土曜日に希望のまち東京in東部事務所で開催することで検討する。何でも山�孝明区長反対ではなく、評価すべきところは評価し、どのような理由で対立軸を作るのか考えるべきである。5月14日の市民カフェは中止する。
http://www.hayariki.net/tobu/teirei5.html

0 件のコメント:

コメントを投稿