2015年5月14日木曜日

仕立てる賃貸@二子玉川アスベスト問題

#二子玉川 #世田谷区 #賃貸 #建設工事
仕立てる賃貸@二子玉川のリノベーション工事は住民の生活を破壊すると批判される。工事騒音は重大な問題である。
告発動画アスベスト編では工事によるアスベストの飛散を懸念する。問題の物件はアスベストが禁止される以前の物件である。アスベストが使われていると考えることは自然である。ところが、事業者は外壁は問題ないと強弁する。住民は調査結果の開示を求めたが、それには答えない。根拠なしに事業者の主張を信用しろという姿勢である。それならば何だって言えてしまえる。その秘密主義はカルト的と言える。東急の秘密主義が住民反対運動を続発させているとの指摘もある。開発カルトの撲滅が必要である。
東急不動産だまし売り裁判でもアスベスト使用が明らかになった。住民が東急リバブル、東急不動産、ピーエス三菱に何度も問い合わせて、ようやくアスベスト使用を認めた。
告発動画・非情貸主編では立ち退きの不合理を訴える。家賃アップの賃借人を集めるためのリノベーションでの立ち退き要求だけでも十分不合理である。しかし、仕立てる賃貸@二子玉川の不合理はもっと大きい。賃貸人の要請で雨漏りのある住戸からマンション内の別の住戸に引っ越しした住民がいるという。

仕立てる賃貸@二子玉川 的場メモ2
http://youtu.be/A7QO488oCHY

0 件のコメント:

コメントを投稿