2015年5月27日水曜日

江東区中学校の教科書採択を考える

江東区中学校の教科書採択を考える会学習会が江東区文化センターで開催された。俵義文・教科書ネット21事務局長が講演した。ナチスが政権をとった時の党員の一番多い層は教員であった。そのような教員がヒトラーユーゲントを進めることになる。アベノミクスは庶民のための経済政策ではない。グローバル企業や富裕層のための経済政策である。国会で審議する前から戦争立法をアメリカに約束する。自衛官募集のカレンダーがある。戦車が参加する上陸作戦の写真がある。戦車が参加していることから尖閣諸島の奪還ではない。このカレンダーは全国の中学高校に配られた。会場から「えー」という声が上がった。高校生が自衛隊に入る動機の上位は災害救助である。戦争する国を担う人材をつくるためには教育が大切である。安倍政権を誕生させたのは教科書議連と言われる。
主催者挨拶、宇都宮けんじ代表世話人。江東区は東京大空襲で大変な被害に遭った。江東区平和都市宣言が出された。江東区長は教育再生首長会議に参加している。戦争立法や改憲の裏面が教科書問題。子ども達の思想を戦争する国に合わせていく。憲法を理解する上では歴史的な事実に向き合うことが大切である。戦争責任や加害者責任を理解することが大切である。安倍首相は植民地支配や従軍慰安婦の責任について言及していない。戦争被害は知られているが、アジアで日本軍が行ったことに向き合う必要がある。

0 件のコメント:

コメントを投稿