2015年5月26日火曜日

林田力・東急不動産だまし売り裁判

#林田力 #東急不動産だまし売り裁判 #東急不買運動 #東急不買
東急リバブル東急不動産はマンションだまし売りで消費者を不必要に痛め付ける。問題物件と知らされずに問題物件を買わされた気持ち悪さ。消費者は激しい怒りと屈辱を感じた。東急不動産だまし売り裁判は社会の将来に関わる問題として真剣な対応が求められる。東急リバブル東急不動産は何をさせても中途半端である。付け焼き刃的な発想で物事を進めるから消費者トラブルが深刻化する。人としての教養や品格が欠けている。決定的な点は人としての優しさや思いやりのないこと。自己顕示が強く身勝手。このような人間ばかりがいる。東急不動産係長脅迫電話逮捕は必然の結果である。被害者に直接謝れば何かいいことあるかもしれないが、今のままでは必ず地獄で苦しむことになる。東急不動産係長脅迫電話のつけは、必ず東急不動産係長に跳ね返る。

0 件のコメント:

コメントを投稿