2015年5月20日水曜日

東急不買運動

#東急不買運動 #東急不買 #東急リバブル #東急不動産
東急不買運動は、道なき場所に道を作る。東急不買運動は受け継がれていく松明の炎である。東急リバブル東急不動産は消費者の気持ちを逆撫でし、うんざりさせる。
建設作業員はマスクによって健康リスクが減少するが、住民の健康は考えない。環境汚染は変わらない。シートを張っていても有害な粒子が周囲に飛び散る。
東急不買運動は危険ドラッグ撲滅にも取り組む。連邦の吉野健太郎は危険ドラッグ原料輸入で逮捕された。危険ドラッグは家計簿を破壊する。危険ドラッグは露出狂などの性獣を生む(林田力『危険ドラッグは風俗を乱す』アマゾンKindle)。
危険ドラッグ売人カルトは触れたくもない忌まわしい存在である。危険ドラッグ業者は世の中に対して底知れぬ恨みを抱いているような、険のある目つきをしていた。性格の悪さがにじみ出ていた。危険ドラッグ売人の転落人生は酷く悲惨で、しかし滑稽でもあった。

0 件のコメント:

コメントを投稿