2015年5月13日水曜日

林田力・ブラック企業

#ブラック企業 #ブラック士業 #雇用 #労働
林田力『ブラック企業・ブラック士業』(アマゾンKindle)は社会問題になっているブラック企業やブラック士業の問題を取り上げた電子書籍である。ブラック企業やブラック士業は一種のカルトである。ブラック企業やブラック士業は社会の怒りに対して謙虚でなければならない。ブラック企業との裁判闘争はブラック士業の粗末な人権意識との闘いになる。
ブラック企業はチームワークゼロである。『自分が、自分が』という連中を集めて何かしようにも、船頭多くして船山に登るという状態になる。ブラック企業は生贄を常に必要とする。誰かが必ずターゲットになりいびられる。過労死・過労自殺するか辞めれば次の生贄を調達する。していることは未開の野蛮人以下と言えば野蛮人に失礼になる。
ブラック企業は不買運動すべきである。消費者は買い物を通じて企業に投票する。消費者はインターネット上で発信者にもなれる。発信者として不買運動のアクションを起こそう。

0 件のコメント:

コメントを投稿