2015年5月4日月曜日

平和といのちと人権を!5・3憲法集会

「平和といのちと人権を!5・3憲法集会〜戦争・原発・貧困・差別を許さない〜」が2015年5月3日、横浜みなとみらい・臨港パークで開催された。主催は平和といのちと人権を!5・3憲法集会実行委員会である。

希望のまち東京in東部と9条の会・江東は幟を持って参加した。主催者発表によると参加者は三万人を越えた。ドナルド・マクドナルドの仮装をしている参加者もいた。会場付近では右翼の街宣車が街頭宣伝をしていた。ステレオタイプな右翼とは異なる落ち着いたトーンでテロや暴力と絡めて左翼を批判していた。

政党からは民主党・長妻昭代表代行、日本共産党・志位和夫委員長、社会民主党・吉田忠智党首、生活の党と山本太郎となかまたち・主濱了副代表が挨拶した。各政党平等に挨拶の時間を設けながら、山本太郎だけ別枠で発言させたことがフェアであるか議論があるだろう。

政党挨拶では、生活の党と山本太郎となかまたち・主濱了副代表の話が興味深かった。主濱副代表は党の憲法へのスタンスを説明した。日本国憲法の大原則は維持しながらも、改正すべきところは改正すべきと主張する。自衛権も肯定する。小沢一郎代表も「憲法記念日にあたって」と題する談話(2015年5月3日)で、「何が何でも憲法を改正してはならぬというのもおかしな話で、旧来の護憲・改憲論議というのはあまり意味がありません」と述べる。これは憲法集会参加者の中の旧来の護憲派には同意できない人も少なからずいるだろう。このように立場の異なる人々も集会に結集することは素晴らしい。それが多様性の尊重である。

一方で「生活の党と山本太郎となかまたち」のスタンスが旧来の護憲派と異なるものであることは確認できる。この違いを違いとして認識することは真の意味で多様性の尊重である。日本の左翼の一部には、明らかに違う立場の人を同じ立場と勝手に幻想を抱き、勝手に盛り上がる愚かしい習性がある。それは間違った現状認識であり、他者の尊重にならない。
http://www.hayariki.net/poli/yokohama.html
旧来の護憲派が「生活の党と山本太郎となかまたち」を自分達のスターとして盛り上げるならば滑稽である。それは「旧来の護憲・改憲論議」を無意味と批判する「生活の党と山本太郎となかまたち」の主張を埋没させ、「生活の党と山本太郎となかまたち」の本来のターゲットの支持を得られなくする。贔屓の引き倒しになる。

私としても、かつての大日本帝国のような全体主義の復活は嫌悪するが、リアリティある全体主義体制と言えば大日本帝国以前にソビエト連邦であった。会場では秘密保護法が施行された日本をジョージ・オーウェル『1984年』になぞらえる指摘がなされたが、『1984年』の全体主義体制と言えば最初にソ連を連想する。ソ連のような体制を地上の楽園と見る立場からの安倍政権批判とは一線を画したい。

0 件のコメント:

コメントを投稿