2015年4月29日水曜日

東急不動産コスパ悪すぎ

#東急不買 #東急不動産だまし売り裁判 #消費者 #悪質商法
東急不動産マンション購入はコスパ(コストパフォーマンス)悪すぎである。ブランズ購入はコスパ悪すぎである。ブランズシティ購入はコスパ悪すぎである。ブランズタワー購入はコスパ悪すぎである。ブランズガーデン購入はコスパ悪すぎである。
東急リバブル仲介はコスパ悪すぎである。東急コミュニティー管理はコスパ悪すぎである。東急ハンズや東急ストア、東急百貨店の買い物はコスパ悪すぎである。食材偽装の東急ホテルズ宿泊はコスパ悪すぎである。
ブラック企業への就職はコスパ悪すぎである。ゼロゼロ物件への居住はコスパ悪すぎである。
東急リバブル東急不動産は不利益事実を隠して東京都江東区東陽の新築分譲マンションをだまし売りした(林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』ロゴス社)。マンションだまし売りがコスパ悪すぎであることを東急不動産消費者契約法違反訴訟によって示さなければならない。
東急リバブル東急不動産のデタラメは、あらゆる局面で繰り返された。東急不動産の高田知弘係長は顧客女性に脅迫電話を繰り返して逮捕された(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』アマゾンKindle)。脅迫電話がコスパ悪すぎであることを係長逮捕によって示さなければならない。

0 件のコメント:

コメントを投稿