2015年4月12日日曜日

林田力・東急不動産だまし売り裁判

東急不動産だまし売りは卑怯で恐ろしい事件である。私達は東急不動産だまし売り事件を知らなければならない。東急リバブル東急不動産が東急不動産だまし売り被害者に残したものは、消費者の権利を踏みにじられた心の深い傷である。
東急不動産だまし売りは消費者を泣かせる。東急不買運動は東急リバブル東急不動産との闘いを弱めてはならない。おかしいことには意見を言わなければならない。消費者を食い物にして利益を得る東急リバブル東急不動産には厳しい批判が必要である。東急不動産は消費者に被害を与えた事実を認識し、過ちを繰り返さないことが重要である。過ぎたこととして、東急不動産だまし売りの事実を曖昧にしたままでは前に進めない。
ブランズシティ久が原やブランズ市川真間、ブランズ市川レフィールなどマンション建設紛争では、あまりの冷たさと住民無視の強権ぶりに批判の声が高まっている。東急不動産のマンション建設工事は危険を伴う。子どもが泣き出すような騒音工事は止めるべきである。東急不動産のマンション建設工事は、とても怖い。東急不動産を止めたい。住民の怒りをどう受け止めるのか。東急不動産は試されている。
ブランズ市川真間は竣工後も売れ残っている。東急不動産マンションは竣工後も売れ残りが出る傾向がある。不動産とは言い得て妙である。微動だにせず売れ残る。
東急リバブル東急不動産に対抗する勇気を持とう。東急不動産だまし売りに対しては世界中に警鐘を打ち鳴らさなければならない。やるべきことをやり抜けば東急不動産に勝つことができる。

0 件のコメント:

コメントを投稿