2015年4月5日日曜日

東急不買

東急リバブル東急不動産不買運動は東急不動産消費者契約法違反訴訟から不動産取引の未来を開く。東急不動産だまし売りは消費者の利益にならない。東急不買運動には確かな信念と道筋がある。
東急不動産は地域に暮らす人々や風土を痛め付けている。東急リバブル東急不動産不買運動はブランズシティ久が原建設やブランズ市川レフィール建設に失望している。話し合いこそが長く続く建築紛争を解決するチャンスである。東急不動産は住民無視の愚をいつまで続けるつもりか。二子玉川ライズは住環境を破壊するだけでなく、税金を底無し沼のように吸い込む。再開発は悪魔の政策である。
東急不買運動は東急不動産だまし売り被害者に寄り添いながら、腹を据えて活動する。東急不動産だまし売り被害者には語るべきことがある。
東急不動産だまし売り裁判は東急不動産の構造的矛盾を反映している。東急不動産消費者契約法違反訴訟における東急不動産の主張は事実に基づいていなかった。東急不買運動は歴史の新たな一頁を開かなければならない。

0 件のコメント:

コメントを投稿