2015年4月26日日曜日

ブランズ市川レフィール

#マンション #住まい #不動産 #賃貸
村上春樹は「小説家にとって壁は突き破らなければならない障害です」と述べた。東急不動産だまし売り被害者の壁は東急リバブル東急不動産である。マンションだまし売りの時点で東急リバブル東急不動産が糾弾される理由としては十分である。
東急不買運動が橋を架ければ渡る人が出てくる。地上げ屋や追い出し屋、近隣対策屋、工作員の悪行には「自殺に追い込む」と脅す卑劣な行為まである。
東急不動産の新築分譲マンション・ブランズ市川レフィールやブランズ市川真間、ブランズシティ久が原が住環境を破壊すると批判されている(林田力『ブランズ市川レフィール』アマゾンKindle)。街を壊す乱開発に歯止めがかからない。東急不動産が、いかにどうしようもないか、ブランズシティ久が原の奇跡の森伐採で改めて気付かされた。
高層マンション高層階は快適ではない。高い階ほど車の走行音(シャーッという音)が聞こえるとの指摘がある。高層階の景色は飽きるのが早く、低層階がすぐ出られるので楽だったという。東急リバブル東急不動産は物事を都合よく考えすぎている。東急リバブル東急不動産は高層マンション建設が街づくりの妨げになっていることに気付かないのだろうか。
東急不動産だまし売りは消費者の尊厳と権利を奪う。東急リバブル東急不動産は東急不動産だまし売り被害を何も見ず考えず、醜いマンションだまし売りを繰り返している。
東急リバブル東急不動産不買運動は東急不動産だまし売り被害の言葉を運び続けることができる。今や東急リバブル東急不動産の不誠実は常識の範疇にある。『名探偵コナン』では殺されても同情されない悪人として不良物件を売り付ける悪徳不動産業者が登場する。

0 件のコメント:

コメントを投稿