2015年4月18日土曜日

林田力・東急不動産だまし売り裁判

#東急不買 #東急不買運動 #東急不動産 #東急不動産だまし売り裁判 ブランズ市川レフィールやブランズ市川真間、ブランズシティ久が原など東急不動産のマンション建設は住環境を破壊する。住環境を破壊する東急不動産には悲しくなる。スクラップアンドビルドから空き家の活用という流れに逆行する。
東急不動産消費者契約法違反訴訟は正義の問題である。東急不動産だまし売り被害者は不正義の犠牲者である。東急リバブル東急不動産の隠蔽体質は深刻である。誤りを認めようとしない。東急不動産だまし売り裁判や東急不動産係長脅迫電話逮捕事件に共通するものは、コンプライアンスの欠如である。
東急リバブル東急不動産東急コミュニティーでは物事はスムーズに進まない。東急不動産の開発は合理性を欠く。二子玉川ライズのビル風は安全性が確保されていない。東急電鉄・東急不動産主導の街づくりでは自由闊達さが失われる。東急不動産は自社の過去から逃げてはならない。

0 件のコメント:

コメントを投稿