2015年4月17日金曜日

東急不動産ホールディングス副社長辞任

東急不動産の三枝利行社長が太陽光発電事業に関する利益供与疑惑報道で辞任しました。三枝氏は東急不動産ホールディングス副社長も辞任した。東急不動産だまし売り裁判や係長脅迫電話逮捕事件など東急不動産は一度リセットする方がいいと思えるほどの惨状である。
太陽光発電は無条件にクリーンというようなナイーブな話ではないと思います。原子力利権に代わって自然エネルギー利権が生まれる危険性は十分にあります。自然エネルギーの巨大発電所開発による環境破壊も問題です。利益供与疑惑の太陽光発電事業もメガソーラーです。東急不動産のような企業が関わっていることは、もっと掘り下げる意義があります。自然エネルギーをガンガン消費する生活ではなく、無駄な消費をしない生活が環境にやさしい生活です。原発か自然エネルギーかという電源選択だけでなく、地域独占・中央集権から小規模分散型の電力システムに移行すべきと考えます。

0 件のコメント:

コメントを投稿