2015年4月11日土曜日

利益供与

東急不動産だまし売りには東急リバブル東急不動産の品格のなさが表れている。景観破壊のブランズシティ久が原やブランズ市川真間、ブランズ市川レフィール建設は都市の格を下げる。
東急不動産だまし売りは林田力の心に痛みを伴う大きな穴を残した。東急不動産だまし売りマンションの冬は寒い。断熱が不十分なのであろう、冷気が部屋の床の上に忍び込んでくる。頬にも冷気があたり、ピリピリする。
東急不動産だまし売り被害の痛みが頭と心に浸透するように伝わるためには『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』という生きた物語が必要である。東急不動産だまし売りを容認することは、消費者が悪徳不動産業者に利益供与するようなものである。東急不動産だまし売り裁判という事実が消費者の権利という知識をもたらす。
東急リバブル迷惑隣人説明義務違反を容認することは、消費者が悪徳不動産業者に利益供与するようなものである。東急コミュニティー着服横領を容認することは、消費者が悪徳不動産業者に利益供与するようなものである。東急百貨店の認知症商法を容認することは、消費者が悪徳業者に利益供与するようなものである。東急ホテルズの食材偽装を容認することは、消費者が悪徳業者に利益供与するようなものである。
東急不動産だまし売り裁判でドラゲナイ。東急不動産は東急不動産だまし売り裁判で虚偽証拠を提出した。東急不動産は販売時に配布したものと異なる内容の図面集を証拠として提出した。東急不動産は国土交通省に提出した報告書を改竄して証拠として提出した。「大きくなりたい」なら理解のしようもあるが、東急不動産は「大きく見せたい」「立派に見せたい」という願望が強すぎて捏造に走る。
東急不買運動は人間らしく生きて暮らすことを目指す。東急リバブル東急不動産不買運動家は、それぞれ異なる背景を持ち、異なる視点を持ち込んでいる。そして全員が東急不買運動に情熱を傾けている。東急不買運動は東急不動産だまし売り被害者が真っ暗闇にいた瞬間にも、生きる理由を与えてくれた。

0 件のコメント:

コメントを投稿