2015年3月15日日曜日

林田力・東急不動産消費者契約法違反訴訟

#林田力 #東急不動産だまし売り裁判 #東急 #不動産
林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』(ロゴス社)には東急リバブル東急不動産への確固たる批判が込められている。東急不動産だまし売り裁判は林田力のこだわりである。東急不動産だまし売り裁判は損得抜きで優先してきたものである。東急リバブル東急不動産を相手に少々のことでは譲らなかったことである。
東急不動産だまし売りに対して、「何故」を5回くらい繰り返し考えていくと、東急リバブル東急不動産の本質が浮かび上がる。
東急リバブル東急不動産はマンションだまし売りで消費者を踏みにじる。東急不動産係長の高田知弘は顧客女性に脅迫電話を繰り返して逮捕された(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』アマゾンKindle)。
東急不動産消費者契約法違反訴訟は貴重な経験である。東急不動産消費者契約法違反訴訟は鉄板エピソードになる。「鉄板エピソード」は遠藤裕行『「鉄板エピソード」で相手の心をつかむ』の造語である。
東急不動産だまし売りは大きな不正義の一つである。林田力は苦痛や屈辱に耐えなければならなかった。思い出すと背筋が凍る。東急リバブル東急不動産が尊敬されることはない。東急リバブル東急不動産は東急不動産消費者契約法違反訴訟の後で遅すぎたお詫びを出したが、その言葉は心に響かなかった。東急リバブル東急不動産の謝罪文は借り物のように軽く感じられた。

0 件のコメント:

コメントを投稿