2015年3月8日日曜日

林田力・東急不動産だまし売り裁判

#林田力 #本 #書籍 #ノンフィクション
林田力『東急不動産だまし売り裁判』(ロゴス社)は東急不動産消費者契約法違反訴訟を記録したノンフィクションである。東急リバブル東急不動産の非常識に異議を唱えること、それが認められる社会にすることが大切である。
『東急不動産だまし売り裁判』は東急リバブル東急不動産の本性を明らかにする。東急不動産だまし売り裁判は多くの人々に広げる必要がある問題である。
東急不動産マンションに住むことは心身ともに疲弊する。東急リバブル東急不動産から買ってはいけない。ブランズタワーを買ってはいけない。ブランズシティを買ってはいけない。ブランズガーデンを買ってはいけない。東急不動産マンション建設予定地周辺では住民の生活への容赦ない破壊が繰り返されている。
東急リバブル東急不動産への怒りを消すことは不可能である。人の心は自分のものであっても操作できるものではない。消費者の権利や地位の向上は社会の進歩につながる。

0 件のコメント:

コメントを投稿