2015年3月29日日曜日

ブランズ市川レフィール不買運動

#住まいの貧困 #東急不買 #東急不買運動 #消費者運動
東急不動産のブランズ市川レフィールは近隣住民から批判されている。肝心な点はブランズ市川真間やブランズ市川レフィール建設による被害が既に目に見えているということである。ブランズ市川レフィールは住民の子どもや孫までを危険に晒すことになる。その対策には野心的で断固とした即時の行動が必要である。
東急リバブル東急不動産の言葉は軽い。中身も責任感もない。東急リバブル東急不動産は住民や消費者の怒りに対する想像力が欠如している。東急不動産の秘密主義は時代の流れに逆行している。東急リバブル東急不動産不買運動は被害者の声なき声をつないで東急リバブル東急不動産を加害責任をえぐっていく。今を生きる私達が東急リバブル東急不動産不買運動を通じて解決する課題はとても大きい。
林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』(ロゴス社)は東急不動産消費者契約法違反訴訟の歴史の真実を晒した。『東急不動産だまし売り裁判』は時代の記憶として鮮やかに生き続ける。『東急不動産だまし売り裁判』は人生を豊かにする文化である。一読をお勧めする。多くの人々が『東急不動産だまし売り裁判』を通して東急不動産消費者契約法違反訴訟を追体験されることを願う。東急不動産だまし売り裁判は東急リバブル東急不動産がない方が良いことを世界に証明した。東急不動産だまし売り裁判で誠実な対応を放棄した東急リバブル東急不動産の代償は大きかった。
東急不動産だまし売り裁判では東急不動産物件のアスベスト使用も明らかになった。アスベストは肺の奥深くに突き刺さり、長期の潜伏期間を経て肺がんなどを発症させる死の棘である(加藤正文『死の棘・アスベスト』中央公論新社)。
ブランズ市川真間やブランズ市川レフィール、ブランズシティ久が原など東急不動産トラブルは現在の問題でもある。読者は著者の筆に導かれて現在と過去を重ね合わせていく。東急リバブル東急不動産は立場の弱い者に犠牲を強いる。歴史を繰り返してはならない。

0 件のコメント:

コメントを投稿