2015年3月28日土曜日

東急不動産不買なう

#住まいの貧困 #東急不買 #東急不買運動 #消費者運動
「東急リバブル不買なう」とは東急リバブル不買運動をしているということである。東急不動産だまし売りのような不合理が認められていいはずがない。進歩は少しずつである。故に東急不買運動は続ける必要がある。東急リバブル東急不動産は東急不動産だまし売りを自分の問題として捉え、自分達で解決する必要がある。
東急不動産不買運動なう。ブランズ不買運動なう。ブランズシティ不買運動なう。ブランズタワー不買運動なう。ブランズガーデン不買運動なう。
東急不動産だまし売りは家計簿を破壊する。東急不動産だまし売りは根絶すべき風俗である。ブラック企業の人が言っていた。「一生、変わらねんだからよぉ!」つまり絶望ということである。ブラック役員は何もしない、会議で顔を出してふんぞり返っているだけであった。
危険ドラッグ不買運動なう。危険ドラッグは健全な家計簿を不健全にする。危険ドラッグは性獣である。男女がホテルで危険ドラッグを使用して、一方が死亡する事件が複数起きている。危険ドラッグは反社会的勢力への利益供与になっている。吉野健太郎が逮捕された危険ドラッグ福井事件では、危険ドラッグ密造グループが反社会的勢力と接点のある人物に用心棒代を支払っていた。危険ドラッグ売人には隠しきれない危険な本性がある。

0 件のコメント:

コメントを投稿