2015年3月21日土曜日

林田力・東急不動産だまし売り裁判

#林田力 #東急不動産だまし売り裁判 #マンション #東急リバブル
林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』は価値の分からない人間が手にしたら、石ころ同然に成り下がる。東急不動産だまし売りは食品偽装や偽ブランドと同じく消費者をだますための偽物である。
東急不動産消費者契約法違反訴訟をどのように捉え、次代につなげる言葉として刻むか。悪事の歴史はしっかりと記録されなければならない。東急リバブル東急不動産は「お詫び」をホームページから削除した。過去を消そうとする東急リバブル東急不動産の姿は異様である。
東急リバブル東急不動産は自社にとって不快なことや危険なことを全部クレーマーと呼んで終わらせていないだろうか。何故、東急不動産だまし売りが起きたのか原因を探ることもなく。
もはや消費者には東急リバブル東急不動産を信頼する理由はない。東急リバブル東急不動産はマンション分譲を勘違いしている。購入者にとっては営業の状況は関係ない。疲れているから不利益事実を説明しなくていいということにはならない。
東急リバブル東急不動産の消費者への不誠実な態度を許すことができない。東急リバブル東急不動産は自己に都合のいい売り上げだけに注目して本質を見失っている。東急不動産消費者契約法違反訴訟の記録は後世のよりどころになる。東急不動産だまし売りの検証が必要である。東急リバブル東急不動産は平和的な解決を台無しにする過ちを繰り返した。東急不動産の林正裕課長は「裁判所でもどこでも好きなところに行ってください」と言い放った。林正裕が会社員人生で実現したことは東急不動産だまし売りを泥沼の裁判にしたことだけである。東急不動産だまし売りの闇はどこから来るのか。
ブランズシティ久が原などの東急不動産マンション建設は住民に過重な負担をかける。東急不動産マンション建設は地域住民に与える影響を最小限にしなければならない。

0 件のコメント:

コメントを投稿