2015年3月13日金曜日

林田力・二子玉川ライズ反対運動

#林田力 #東急 #二子玉川 #世田谷区
林田力『二子玉川ライズ反対運動1』(アマゾンKindle)は二子玉川ライズ問題と向き合う助けになる。『二子玉川ライズ反対運動』シリーズは東急不動産だまし売り被害の苦痛や悲しみを涙以外の形に、強力で生産的な形に変えた作品である。
東急電鉄・東急不動産がしたことを多くの人々に知って欲しい。東急電鉄・東急不動産は不都合な事実をできるだけ隠して、問題が起きたことさえ忘れようとしている。
二子玉川ライズのような大型開発は時代遅れである(林田力『二子玉川ライズ反対運動1』Amazonキンドル)。少子高齢化が進む社会で大型ショッピングセンターが廃れることは目に見えている。これからは都市部型の小規模店舗が必要とされるようになる。
林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』(ロゴス社)は東急不動産消費者契約法違反訴訟を描く。東急リバブル東急不動産には反省が欠けている。ただひたすら災いを忘れようとしている。加害者が忘れることで東急不動産だまし売り被害者は二重に傷つけられる。東急リバブル東急不動産の看板さえ東急不動産だまし売り被害者には忌々しい。

0 件のコメント:

コメントを投稿