2015年3月8日日曜日

秘密保護法違憲東京訴訟第5回口頭弁論

秘密保護法違憲東京訴訟第5回口頭弁論
フリーランス表現者43名が提起した秘密保護法違憲訴訟は佳境に入ります。来る3月12日(木)午後3時30分より東京地裁103号法廷で行なわれる第5回口頭弁論の傍聴をお願いします。みなさんのご支援でいい結果を出し、秘密保護法廃止につなげたいと思います。 終了後は裁判所となりの弁護士会館502会議室に移動し、原告でルポライターの明石昇二郎が「隠蔽される原発事故の健康被害、核武装」と題して講演します。
http://beauty.geocities.jp/souzoku_nakano/
立正佼成会附属佼成病院裁判・第3回口頭弁論
事件番号:平成26年(ワ)第25447号
日時:2015年3月18日(水)10時開始
場所:東京地方裁判所610法廷
寒い中、第2回口頭弁論の傍聴ありがとうございました。午後からは雨が本降りになってしまいました。どうかお風邪などひかれないようにご自愛ください。
提出書面の締め切りが、期日一週間前の8日でしたが、被告病院の書面は前日の14日23時45分にFAXで届きました。裁判所はまだ読んでいないということで陳述されませんでした。また、被告病院提出のカルテ(診療録)も不明点があるということで、やり直しになり次回再提出になりました。
次回原告は、反論を提出いたします。引き続き傍聴のご支援をよろしくお願い申し上げます。皆様にはいろいろお世話になり本当にありがとうございます。これからもよろしくお願い申し上げます。

0 件のコメント:

コメントを投稿