2015年2月11日水曜日

二子玉川ライズ反対運動総会

#東急 #東急電鉄 #開発 #住民
二子玉川ライズ問題に取り組む二子玉川の環境を守る会は2月11日、世田谷区用賀の玉川台区民センターで総会を開催する。
意見。用賀で東急電鉄に駐輪場を設置させる住民運動などに取り組んだ。東急の超高層ビルの電波障害のためにケーブルテレビになっている。風害もある。自転車をこいでいても押し戻される。

遠藤・再開発事務局長。超高層ビルが大変だと実感した。まちづくりは、これからである。共同の空間として町をつくっていくか。皆で使える施設を皆でつくる。被害を食い止める闘いを続ける。
裁判で毎回弁論している。日程調整で終わってしまう口頭弁論も多い。意見陳述の審査は貴重な成果である。風穴を開けた。

意見。率直に意見を出しあう。連帯はいいが、裏で指導することはよくない。発言を控えさせられる雰囲気はまずい。関わっている人の中で議論を尽くさないと信頼関係を持って活動できない。
マンション住民も地域と交流したがっているようである。地権者と地権者でない住民との対立があると聞いている。

意見。時間をかけて総括を行うべき。環境を守る会の前に考える会があった。地権者の会や借家人の会があった。東急の弾圧嫌がらせの前に消えていった。反共攻撃が酷かった。当時の人はいなくなった。どのように運動を広げていくか。共闘会議をつくっていく。
二子玉川ライズ問題は風だけでない。インフラの維持に金がかかる。道路は世田谷区の道路である。区民の税金を延々と使う。

意見。昨日、世田谷区と話した。再開発組合解散後は東急に問題を提起するとした。再開発組合に屋根設置の検討を申し入れたが、再開発組合は回答を延ばしている。世田谷区は「すぐ出せ」と求めている。迂回路の計画は現実的になっている。電光掲示板も具体化している。
環境アセスと結果が異なる。東京都に第一次的な責任があるが、世田谷区としても黙ってはいられない。事業者に要求する。費用は再開発組合に出させる。

0 件のコメント:

コメントを投稿