2015年2月9日月曜日

金曜8時は今週の振り返り第10回

#日本海賊党 #裁判 #原発 #脱原発
日本海賊テレビ「金曜8時は今週の振り返り」第10回が放送された。今回はマクドナルド低迷、秋葉原事件死刑確定、川内原発、イスラム国人質事件をテーマとした。林田力はゲストとして出演した。
自衛隊が米国の砂漠で演習したと報道された。海外派兵の布石ではないか。自衛隊の演習は事前に広報されている。米国での演習も珍しくない。

イスラム国人質事件は人質殺害という悲しい結果に終わった。安倍政権は万全を尽くしたか。邦人救出のために自衛隊派遣という主張が出ている。その意味を理解しているか。戦争になるということである。現行の武器使用基準では自衛官の命も守れない。
ヨルダンのパイロットは1月3日に殺害されていたと報道されている。ヨルダン政府は殺害を知っていたとの情報がある。パイロットの生存の証拠という不可能な情報を要求することは変ではないか。
情報を鵜呑みにすべきではない。ヨルダン政府が知っていたという話は他でも聞いたが、ソースのある情報なのか。イスラム国にだまされて囚人を解放するだけにならなくて良かったと素直に解釈すべきではないか。
川内原発の再稼働は遅れる見込みである。電力会社にとっては再稼働しなければ損失が大きい。再稼働反対を要求するだけでなく、その仕組みを変えていくことを考えるべきでないか。いつまでに原発を全廃すると定めて、それまでに必要ならば再稼働を認めるなどの議論を与野党ですべきではないか。自民党も脱原発依存の方向性は述べている。そうなると再稼働絶対反対の脱原発派が障害になってしまうかもしれない。
秋葉原事件は上告が棄却され、死刑が確定した。社会的に見れば貧困や格差、孤独、非正規労働などの問題がある。しかし、怒りの矛先が間違っているのではないか。
死刑は廃止すべきではないか。被害者感情・遺族感情を理由にするならば、遺族が望まない場合は死刑にすべきではないのではないか。遺族に死刑を執行させるべきではないか。
被害者感情や遺族感情は個別具体的な遺族個人よりも自分の子どもが殺されたらという国民の感覚である。このために個々の遺族の意思に必ずしも連動するものではないのではないか。
復讐心から死刑を容認する感情は低級と主張してもいいのではないか。それは国民のコンセンサスを得られないだろう。私が低級と思うから低級と押し付けることは独善ではないか。ただ、ヨーロッパでは死刑を廃止する国が増えており、死刑を残す日本が野蛮と見られる面がある。

世界規模で見れば都市化が進んでおり、外食産業の需要は拡大している。現地の食文化に合わせることが成功の鍵である。餃子の王将は中国から撤退した。中国では餃子と言えば水餃子で焼餃子主体は合わなかった。寿司は海外では独自の進化を遂げている。

0 件のコメント:

コメントを投稿