2015年2月7日土曜日

東急不動産だまし売り裁判節分

#節分 #東急不動産 #東急リバブル #東急
東急不動産だまし売り裁判は節分に豆まきした。マンションだまし売りの東急リバブル東急不動産は外。東急不動産だまし売りは言葉では言い表せない卑劣な蛮行である。東急リバブル東急不動産はマンションを売ったら売りっぱなしで、住民がどうなろうと知ったことではないということであった。不利益事実不告知という姑息なだまし売りは断じて許されない。人間性に対する脅威である東急不動産だまし売りを根絶するため、消費者運動は一層の協力と連携が必要になっている。
ビル風被害の二子玉川ライズやブランズ市川真間は外。自然破壊のブランズシティ久が原は外。東急大井町線高架下立ち退きの東急電鉄は外。
林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』(ロゴス社)はマンションだまし売り被害者の悲しみをすくいとる。東急不動産だまし売り被害者の怒りや苦しみを言葉で定着させることは文学の責務の一つである。東急不動産の非道には衝撃で息がつまって気が遠くなりそうになる。東急リバブル東急不動産の売ったら売りっぱなしの体質に抵抗する。

0 件のコメント:

コメントを投稿