2015年2月4日水曜日

ザ・久が原レジデンス反対運動

#瑕疵 #消費者 #建築 #建設
丸紅・東急不動産の新築分譲マンション「ザ・久が原レジデンス」(東京都大田区鵜の木)はマンション建設反対運動が起きた。近隣住宅への圧迫感が酷い。東急不動産マンションのある景観は不毛である。東急不動産はブランズ市川真間でも反対運動が起きている。
ザ・久が原レジデンスでは外壁がパンフレットと異なるという問題も発覚した。東急不動産は同じ大田区鵜の木で別の新築分譲マンション・ブランズシティ久が原を建設する計画であるが、住民・消費者軽視の姿勢はブランズシティ久が原の売れ行きに悪影響を及ぼすだろう。外壁のタイル施工はアルス東陽町でも問題になった。東急不動産はブランズシティ久が原のために奇跡の森を伐採した。

0 件のコメント:

コメントを投稿