2015年2月11日水曜日

二子玉川ライズ裁判総会

#東急 #東急電鉄 #開発 #住民
二子玉川ライズ問題に取り組む二子玉川の環境を守る会は2月11日、玉川台区民センターで総会を開催する。
意見。これは現在進行形の問題である。一緒にやっていきたい。
意見。裁判をやる意味はあるのか。さりとて裁判するしかない。
意見。玉川高校跡地が気になる。昔は自然があり、いい場所と思っていた。今、玉川を歩くとビル風など怖い。バス停で柱につかまっている。昔は商店街で子どもを見守っていた。良かったものを残したい。玉川高校を図書館にして欲しい。

意見。風問題は死活問題である。赤ん坊を乗せた乳母車が飛ばされそうになったことがある。風対策プロジェクトの提言を受けて、世田谷区は再開発組合に要望を出した。しかし、再開発組合からの回答が来ていない。玉川四丁目は二子玉川ライズによって寂れている。まちづくりを考えなければならない。

渕脇弁護士。世田谷区は当初、低層住宅地と考えていたが、東急電鉄との密約によって歪められた。控訴審では水害の懸念も主張した。住み続けられる開発でなければならない。
二番目に公金支出差し止め裁判である。再開発に税金が使われることを問題視した。世田谷区から再開発組合に領収書なしで億単位の税金が払われている実態がある。住民の声を聞いて住民の望む町をつくることを実践した。世田谷区政にも影響を与えた。区長が大型開発優先からの転換を掲げる保坂のぶと氏に変わった。世田谷区は七億円の支出を削減した。風対策プロジェクトを立ち上げ、ビル風問題に取り組んだ。再開発制度には合法的地上げ、大企業による利益の独占の矛盾が内在している。

0 件のコメント:

コメントを投稿