2015年2月11日水曜日

二子玉川の環境を守る会

#東急 #東急電鉄 #開発 #住民
二子玉川ライズ問題に取り組む二子玉川の環境を守る会は2月11日、世田谷区用賀の玉川台区民センターで総会を開催した。
意見。設計者に会って、何故どうしようもないビルを建てたのか聞きたい。雪が降ったらドボンと落ちる。
玉野氏。自治研として取り組もうということになり、私が担当になった。学術研究には手順がある。

意見。まちづくり専門家らに玉川四丁目を見てもらいたい。お客が来なくなっている。
佐々木・自治問題研究所。自治研の最初の仕事は区全体の白書をつくることであった。運動の経過を人に読みやすい文章に残す。白書の二子玉川編を作る。住民運動の一環として白書を作る。記録に残す。年表だけでは理解されない。
石原慎太郎知事が都立大学を首都大学東京に再編成し、人文科学系の教師は減らされた。12階の研究室棟のビル風で吹き飛ばされそうになった。超高層ビルのビル風の深刻さは理解できる。

意見。外環問題に取り組んでいる。千人近くが意義申し立てをした。意見陳述が始まり、傍聴を認めさせた。
意見。区議会対策のありようを考える必要がある。理解を示す議員は多いが、自ら東急本社に乗り込んで確認した政党はない。具体性を持った運動をしなければならない。佃島の商店街では店内に暖簾をぶら下げている。ビル風が強いため。

意見。実現可能な要求項目をあげる。上野毛駅は駐輪場が困る。機械でガッチャンとする。用賀駅の駐輪場とは支払い方法が異なる。統一して欲しい。
林田力。風問題で東急に要求するという案はよい。ブランズ市川真間でも風害が問題になっている。大田区鵜の木のブランズシティ久が原も奇跡の森伐採が報道されたが、風害も懸念されている。

0 件のコメント:

コメントを投稿