2015年2月11日水曜日

二子玉川の環境を守る会

#東急田園都市線 #田園都市線 #世田谷 #外環道
二子玉川ライズ問題に取り組む二子玉川の環境を守る会は2月11日、世田谷区用賀の玉川台区民センターで総会を開催した。二子玉川ライズ反対の住民運動は住民エゴというデマの誤りを示している。住民は二子玉川の景観や自然を守ってきた。東急電鉄・東急不動産が一方的に破壊している。周辺住民の土地と同じ条件・規制で開発すれば二子玉川に超高層ビルは建築できなかった。皆が守るルールに反しているのは東急電鉄・東急不動産である。東急不動産は大田区鵜の木のブランズシティ久が原で周辺住民に住民エゴと言ったと批判されている。心得違いも甚だしい。東急電鉄・東急不動産に必要なものは、やめる勇気である。

意見。外環道は二子玉川にとって重要問題である。子どもの頃から二子玉川は知っていた。二子玉川に来た時に息を飲んだ。津波でやられたことと同じである。追体験ができない。しかし、二子玉川は、これからもっとドラスティックに変わってしまう危険がある。外環道は国策道路である。二十代のキャリア官僚が進めている。二子玉川の価値などを分かっていない人々である。世田谷で約二百名が不服申し立てをした。大きな視点と小さな視点で見ないといけない。
東名以南ができない状況を考えるようにという微妙な陳情を提出した。東名以南が果たされない状況に気付いていない。区議の半数はカルト的に外環道を信じている。区議への刺激として陳情を出したが、外環カルトは治らない。陳情は継続審議になった。
司会。二子玉川再開発も最初はカルトであった。

意見。百年懇話会からチラシが入ってきたが、ふさけんじゃねえと言った。風対策説明会の内容をチラシにして配布した。チラシがまかれると反響がある。地域住民に返していくことが重要である。

0 件のコメント:

コメントを投稿