2015年2月8日日曜日

希望のまち東京をつくる会

#希望のまち東京をつくる会 #選挙 #集会 #東京
希望のまち東京をつくる会が連合会館で集会を開催した。
宇都宮けんじ閉会挨拶。選挙から一年後に、これだけ集まった。これで終わりではない。運動はこれからである。今日は高齢者が多い。日本社会を変える長期的な運動をしなければならない。東京を変えて日本を変えていく運動をしていく。

ファンクラブ、名刺に宇都宮応援と書く。四コマ漫画を連載する。本を企画する。選挙割りやデモ割りの店を増やす。税金の使われ方が分かるイベントを開催する。
東京都以外でも監視活動を続ける。公職選挙法は分かりにくい。投票率を上げる。Web以外の活動を強化する。Web以外は通りいっぺんしかできなかった。
選挙の話がタブー視される状況を変えていきたい。子育てについて考える。投票したい人がいないという声がある。候補者を紹介する。シール投票などのノウハウをまとめる。論理的に丁寧に話していく。喧嘩しない。自分の小さなコミュニティーから働きかけていく。

スライドショーを上映した。希望のまち東京in東部の活動スライドも映した。林田力が東部について説明した。地域に根差して活動する。
運営とイベントに分かれて検討した。日本版参与連帯ができればいい。選挙や政治との関わりを整理する。

熊谷。細川小泉連合がなければ宇都宮さんが桝添さんを脅かしたとの指摘がある。ここまで言わせたことは大きい。
石原都政への反省、二度と繰り返してはならない。桝添知事は石原氏ほどは酷くないが、国家戦略特区などの問題がある。
希望政策フォーラムを開催した。東京勉強会を開催している。メルマガを発行し続けている。会員制度を確立する。日本会議と比べて力量の弱さを何とかしなければならない。
経済団体は利害の異なる業界の政策を調整している。市民側はどうか。オール沖縄方式が可能か。このような芸当ができるか。沖縄の場合は県単位で行っている。選挙区単位で実施している。
希望のまち東京をつくる会を発展的に改組し、新たな総合的ネットワークの立ち上げを検討したい。

0 件のコメント:

コメントを投稿