2015年1月24日土曜日

東急不動産が奇跡の森を伐採

#マンション #大田区 #東急リバブル #東急不動産
東急不動産への批判が高まっている。正しい目を持つ人々に正しく評価されることは気持ちがいい。不動産業者は沢山ある。東急リバブル東急不動産だけは避けたい。不誠実なことしているとすぐに広まり、近所も迷惑する。
東急不動産が東京都大田区の奇跡の森を伐採した。ブランズシティ久が原建設のために江戸時代から続く貴重な自然林を破壊した。奇跡の森は朝日新聞のネーミングである。東急不動産への批判は強いが、大田区の姿勢を問うものもある。この奇跡の森伐採は日本海賊TV「金曜8時は今週の振り返り」第8回でも取り上げる。
東急不動産に対しては東急不動産不買運動という方法もある。東急不動産の新築分譲マンションは東急リバブルが販売代理になるため、東急リバブル不買運動も有効である。東急不動産消費者契約法違反訴訟では東急リバブルと東急不動産の悪の枢軸に苦しめられた(林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』ロゴス社)。分譲マンション居住者で管理会社が東急コミュニティーの人は、東急コミュニティーを解約するといい。管理委託費を削減し、サービスが向上した例がある(林田力『東急コミュニティー』アマゾンKindle)。

0 件のコメント:

コメントを投稿