2014年12月1日月曜日

二子玉川ライズ風対策2

#世田谷区 #二子玉川 #東急 #環境 世田谷区は二子玉川東地区風調査検討プロジェクト専門家会議検討結果説明会を等々力の玉川地区会館で開催した。
質問。3街区と二子玉川公園の間は対策後も変わっていない。
中村。利用者が少ない場所のために対象にしなかった。
質問。対策の具体的イメージが分からない。屋根が風で飛ばされるなどの被害を受ける。多摩堤通りに覆いをかけると風がすべって近所の住宅を直撃するのではないか。
中村。解析では、それほど迷惑にならないと見ているが、慎重に検討すべきと考える。

中村議長が風環境の評価と暴風対策の検討を説明した。二子玉川ライズ・オフィス南側は渦になっている。風が強くて風向きも変わるためにバランスを崩しやすい。対策は迂回路を設ける、覆いをかける。覆いをかけると逆風が減少する。
樹木の生育が悪い。暴風パネルをつける。対策は慎重にしないと別の場所に悪影響を及ぼす危険がある。リボンストリートは3街区の風が強いと見込まれる。

都内および東京近郊の320地点の風の観測結果と比較すると、二子玉川ライズ・オフィス出前は10位台前半にランクインしている。日最大瞬間風速15メートル以上の超過頻度11位。最大瞬間風速15メートル以上の風の超過頻度13位。最大瞬間風速の2乗平均値12位。歩行者の転倒が一番の問題である。物体に加わる風力は風速の2乗に比例する。西リッコウからバスターミナル、二期と3街区の間などが転倒の危険が高い。

日比委員が数値流体解析を説明した。南からの風が強い。3街区の高層棟の脇の風が強い。

中村氏が検討状況を説明した。一日の最大瞬間風速が30メートルになった日もあった。瞬間風速15メートルから転倒の危険性が高まる。同じ風速でも一様に吹いている風よりも、突然強くなる風の方が転倒の危険性が高まる。二期と三街区のビルの間の多摩堤通りも風が強い。

0 件のコメント:

コメントを投稿