2014年12月4日木曜日

危険ドラッグ書評

#レビュー #電子書籍 #麻薬 #依存症 『危険ドラッグはなぜ危険なのか』は薬物依存症を治療する著者が、危険ドラッグの問題を明らかにした電子書籍である。
危険ドラッグは脱法ハーブ(合法ハーブ)と販売されている。そのためにハーブが、いかがわしいドラッグの代名詞のようになっている。これは薬物とは無関係のハーブ愛好家には面白くない話である。しかし、ドラッグ売人側はナチュラルさをアピールするために、あえてハーブの語を用いている。自然志向が実は不自然であり、不健康という欺瞞は放射脳カルトにも見られる。脱法ハーブにマイナスイメージを持たせることは有意義なことである。
危険ドラッグは特殊日本的な現象である。海外ならば薬物を求める人は違法薬物を入手する。脱法ドラッグ(脱法ハーブ)、合法ドラッグ(合法ハーブ)は形式的な遵法精神のある日本人ならではの需要である。しかし、その形式的な合法性だけを追求した危険ドラッグが違法薬物よりも危険なもので、即死亡や入院となるから皮肉である。この日本人の形式的な遵法精神は、宅建業法の賃借人保護を無視するゼロゼロ物件や脱法ハウス、法の抜け穴を指南するブラック士業にも表れている。危険ドラッグは貧困ビジネスやブラック企業と重なる社会問題である。現実に貧困ビジネスと批判されたゼロゼロ物件業者・吉野敏和の息子の吉野健太郎は脱法ハーブをアングラサイトで宣伝していた。そのアングラサイト・連邦は父親のゼロゼロ物件業者の事務所(ニューステートメナービル)を所在地として登録していた。法の形式ではなく、権利保護という実質を会得することが日本人には求められる。

0 件のコメント:

コメントを投稿