2014年11月30日日曜日

我がまちの防災にひと言

#江東区 #災害 #防災 #市民 江東・生活者ネットワークは公開討論会「我がまちの防災にひと言」を江東区大島の総合区民センターで開催した。
質疑応答。林田力。自宅避難について、自宅が無事でもライフラインが使えなければ避難所に行かざるを得ないのではないか。
回答。避難所は避難者の生活の場だけではなく、在宅避難者の支援拠点として考えていくべき。
東日本大震災の支援物資で最も求められたものは、おむつなど水を使わなくてよい衛生物資である。

荒川の決壊による水害の危険性は実際のところどうなのか。
回答。可能性は低いが、ないとは言い切れない。低い地域が存在することは事実であり、水害への考慮が必要である。

お金の管理は誰か。
管理組合が町会費を出している。管理組合と町会の役員を兼務している。

年2回の防災訓練は大変ではないか。
回答。定例行事にしている。参加者は80人くらい。フロアを指定して強制的に割り当てないと参加人数は増えないと考えている。

自助が大切は分かる。誰が運ぶのかという問題がある。船の充実を江東区で検討していただけないか。耐震補助をして欲しい。避難所の充実を求める。マンションが潰れたならば持ち出せない。
防災課長。屋形船の団体と協定を結んでいる。橋が低く、内陸は難しい。耐震診断には補助がある。

公開討論。地域防災について。東京湾は大きな津波被害はない。内湾部はエネルギーが小さくなる。予想される最大の津波は海抜2・55メートルである。自宅の環境に合わせて対策する。

マンションはまち、まちづくりは人づくり。築30年以上、466戸の分譲マンション。当初は全てを管理組合が担当したが、町会を別に作った。町会加入率は7割くらいだった。管理組合の一般会計から支出し、全員加入とした。災害協力隊は町会と管理組合の役員とOBがなる。津波を想定した避難訓練をしている。一階二階の人は三階に避難する。災害時要支援者の面談を今後予定している。ゴミの分別も居住者の協力を得ている。

0 件のコメント:

コメントを投稿