2014年9月12日金曜日

林田力・葛飾憲法集会レポート

#葛飾区 #憲法 #平和 #集団的自衛権 林田力・葛飾憲法集会レポート。専守防衛から積極的平和主義へ。フランスやドイツは冷戦終結後に陸軍兵力を減らした。日本の自衛隊は定員は減らしたが、実数は変わらない。海上戦力は大型化した。海外展開を見越している。北朝鮮は百万人の兵力を持っているが、人口二千万人の国で百万人の兵力は支えられない。実態は屯田兵のような者もいるのではないか。日本の兵数はイスラエルやフランス、イギリスよりも多い。航空戦力でも日本はイギリスを上回っている。日本の海上戦力は大幅に増強した。トン数で世界6位である。但し、原子力潜水艦や空母を保有しないことで、外洋艦隊とは言えない。海上交通の安全確保を名目にヘリ空母を持つようになった。
兵器商売は、言い値である。どんどん価格は高くなる。
ヘリ搭載護衛艦「ひゅうが」「いせ」は旧国名である。旧帝国海軍の戦艦と同じである。
「いずも」は島根県の旧国名である。竹島問題を意識している。NHKニュースでは「空母のような形が特徴」と報道された。どこからどうみても空母であるが、表向きはヘリ搭載護衛艦と言っている。進水式は8月6日、広島への原爆投下の日に行われた。強襲揚陸艦の性格もあるのではないか。
自民党改憲案は国防の義務を課す。徴兵以上に徴用が強化される恐れがある。軍人でないから関係ないとならない。
秘密保護法に軍法会議ができれば憲兵が登場する。情報保全隊という原型ができている。
勝海舟は日清戦争中に戦争推進を批判し、近隣諸国との賢い付き合いを提唱した。田中正造は軍備全廃論を唱えた。鉱毒問題から銅が何に使われるのか、という考えに至った。

0 件のコメント:

コメントを投稿