2014年8月5日火曜日

林田力・東急不動産消費者契約法違反訴訟

#東急不動産だまし売り裁判 #tokyu 東急不動産だまし売りは止めなければならない。東急不動産とのマンション売買契約取り消しは与えられた状況の中で最善の決断である。東急リバブル東急不動産は酷く利己的な業者である。東急不動産消費者契約法違反訴訟で、だまし売り被害者のことよりも自社の心配をしている。東急不動産だまし売りは深刻な問題である。後からなかったことにできる裁判ではない。
東急不動産だまし売りは消費者の権利を汚すものである。消費者の権利が汚されてしまうことは悲劇である。東急不動産だまし売りはおぞましい。東急不動産だまし売りは悪そのものだから。
東急不動産だまし売りは消費者の信頼に対する裏切りである(林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』ロゴス社)。裏切り以上に悪いことはない。東急リバブル東急不動産への信頼が失われたことで、敬意も失われた。東急リバブル東急不動産は倫理が問われている。

0 件のコメント:

コメントを投稿