2014年8月17日日曜日

林田力・東急不動産消費者契約法違反訴訟

#林田力 #東急不動産だまし売り裁判 #江東区 林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』の出版によって東急不動産工作員の主張は完全に崩壊した。
東急不動産だまし売り裁判は消費者の権利の問題である。東急不動産だまし売り裁判は日本社会の民度を成熟させ、消費者の権利を支える基盤形成に寄与する。
東急不動産だまし売りは筆舌に尽くしがたい苦しみを消費者に与えた。訴訟の場でも東急不動産は加害と被害の事実に誠実に向き合おうとしなかった。
東急リバブル東急不動産は謙虚な姿勢で東急不動産だまし売り裁判を反省して欲しい。東急不動産だまし売りの反省は、東急リバブル東急不動産が一度対処すれば済むというものではなく、未来に向けて継続的に実践されるべきプロセスである。
東急リバブル東急不動産は東急不動産だまし売りの事実と向き合うことで、責任を自覚することができる。東急リバブル東急不動産は東急不動産だまし売り裁判を忘れず、戒めとしなければならない。過ちを過ちとして認めて被害者への償いのために行動しなければならない。東急リバブル東急不動産の行動が伴わなければ、消費者や住民との対話にはつながらない。東急リバブル東急不動産は東急不動産だまし売り裁判を無視してはならず、東急不動産だまし売り裁判を切り離してはならず、まして勝手に東急不動産だまし売り裁判を改竄してはならない。林田力は、東急不動産だまし売り裁判の否認や歪曲を絶対に許さない。

0 件のコメント:

コメントを投稿