2014年7月24日木曜日

希望のまち東京イン東部市民カフェ

希望のまち東京イン東部は市民カフェを江東区東陽で開催した。空き家活用は独創的である。シェアハウスにするというアイデアはいい。
無関心層に働きかけることが使命でないか。スタイリッシュなチラシを作らないか。築地フリーペーパーは面白い。商店街紹介も付け加える。行きたいと思わせる。商店街復興を取り組みたい。
集団的自衛権のシール投票は、むしろ賛成意見を聞きたい。一つの考えを広めるよりも自分で考える人を増やしたい。シール投票自体は反対の押し付けではなく、ニュートラルにやることがいいのではないか。
隣国の脅威を言うならば、まずアメリカに占領されている現実を見るべきではないか。戦後レジームを打破するならば地位協定を何とかすべきである。
原発立地自治体の補助金漬けは麻薬中毒と同じである。禁断症状が出るとしても補助金を断つしかない。リニアモーターカーの立地自治体も同じことが起きている。
徳洲会は権力を持ちすぎて切られた。猪瀬氏よりも安倍首相に金が流れていないか調べた方が面白いのではないかと新聞社に電話した。混合診療が始まり、医療業界が外資の利権化してしまう。
ネット右翼は右翼に対して失礼である。ポリシーも何もない。
商店街の練り歩きは楽しい。食べ物を買って食べながらやった。同じ場所で何度も活動することで浸透する。曜日を決めて毎週活動する。活動終了後は事務所に戻って写真をアップする。

0 件のコメント:

コメントを投稿