2014年7月9日水曜日

林田力・ブランズ市川真間

日々のご活動に心から敬意を表します。林田力『東急不動産だまし売り裁判』は東急不動産を語る上で必読の書である。
林田力『東急不動産だまし売り裁判26ブランズ市川真間』は東急不動産の新築分譲マンション・ブランズ市川真間とブランズ市川真間2の住環境破壊を取り上げる。ブランズ市川真間とブランズ市川真間2は住民の住環境を奪う。市川市真間の環境は、そこにしかない。ブランズ市川真間とブランズ市川真間2によって東急不動産だけが儲かり、住民は苦しむ地域になってしまう。ブランズ市川真間反対運動は人間らしい営みを取り戻す闘いである。
東急不動産の説明は薄っぺらで空虚である。住民と東急不動産の間には根本的な見解の対立から生じる緊張関係が生じている。東急不動産は、あまりにも想像力が欠けている。住民の嘆きは深い。「理不尽だ。東急不動産は何故、ここまで高圧的になれるのか」。東急不動産は害をもたらすことに熱心な悪霊とわきまえなければならない。近隣対策担当者は住民の間に偏見と憎悪と敵意をかきたて続けることに腐心している。東急不動産の手法は残忍で汚れている。東急不動産に最も欠けているものは住民の意見を真摯に聞く努力である。

0 件のコメント:

コメントを投稿