2014年7月20日日曜日

希望のまち東京イン東部シール投票

希望のまち東京イン東部は江東区亀戸で集団的自衛権のシール投票を実施した。約20人が参加した。天候が懸念されたが、幸いなことにシール投票実施中は保たれた。夕方はどしゃ降りになり、シール投票は幸運であった。
希望のまち東京イン東部の幟やトラメガが活躍した。また、都民参加への模索連絡会のベルも耳目を集めることに貢献した。
シール投票の実施者は意思表示する場所があって良かったという反応であった。反省材料として今回は賛否だけでなく理由を問うボードも用意したが、理由は説明が大変であり、賛否だけのボードで良いとの意見が出た。一方で理由を考えずに賛成・反対を唱えている人もいる可能性があり、分かりにくくても考える契機として意味があるとの見方もある。
希望のまち東京イン東部の今後の予定として、7月24日午後6時から江東区東陽の事務所で市民カフェを開催する。8月10日午後に定例会を開催する。豊洲新市場予定地や夢の島のオリンピック・パラリンピック競技場予定地など臨海部のフィールドワークを計画している。

0 件のコメント:

コメントを投稿