2014年7月30日水曜日

林田力・ブランズ市川真間写真

林田力『東急不動産だまし売り裁判26ブランズ市川真間』(アマゾンKindle)はブランズ市川真間とブランズ市川真間2による住まいの貧困を取り上げる。住民反対運動の旗の写真が表紙である。
東急不動産は住民を家畜のように扱う。乗客を満員電車に詰め込む東急田園都市線のように。しかし、住民は家畜ではない。一人一人が尊厳を持った人間である。
ブランズ市川真間とブランズ市川真間2は住民の日常生活をかき乱す。紅茶を飲む間も、麦茶を飲む間も、コーヒーを飲む間も、ブランズ市川真間とブランズ市川真間2は住民の上に重くのしかかる。空気そのものが汚染される感覚になる。
ブランズ市川真間とブランズ市川真間2は常識スレスレではなく、非常識である。ブランズ市川真間とブランズ市川真間2にNOである。

0 件のコメント:

コメントを投稿