2014年7月29日火曜日

林田力・東急だまし売りはスレスレに非ず

東急リバブル東急不動産は不利益事実を隠して新築分譲マンションをだまし売りした(林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』ロゴス社)。東急リバブル東急不動産は恐ろしく危険である。至るところで災難が待ち構えている。東急不動産マンションでは四方から壁が迫ってきているように感じられる。
林田力は東急リバブル東急不動産に誇りと尊厳を傷つけられた。東急リバブル東急不動産営業は友好的ではない。消費者保護という業務上必要な知識の欠如は恥ずかしくないのか。東急リバブル東急不動産の冷酷さには身の毛がよだつ。ブラック企業には呪文をかけられたようなカルト的な雰囲気がある。
東急不動産だまし売りは違法スレスレではなく、消費者契約法違反である。東急不動産だまし売りは住まいの貧困を生み出す。東急不動産だまし売りにNOである。東急不動産だまし売りを断じて許す訳にはいかない。再発防止のためにも原因と責任の追及は不可欠である。デベロッパー優先の思想がまかり通るならば消費者の権利は守られない。

0 件のコメント:

コメントを投稿