2014年7月24日木曜日

江東区聞かせてあなたのオリンピック

江東区は「聞かせてあなたのオリンピック・パラリンピック」を開催した。
山崎江東区長。六年後の今日が東京オリンピックの開会式である。江東区中心のオリンピックとして江東区が一丸となって盛り上がらなければならない。行政だけではできない。皆さんの素晴らしい感性を受け止めて素晴らしいオリンピックにしたい。参与をしており、いい意見はどんどん伝えられる立場である。私はロープウェイを提言したが、これも一つのアイデアである。いろいろな夢を語り合うことが大切である。思いきった意見を述べて欲しい。皆でオリンピックを楽しもう。
区議会議長。今日は区議会議員も参加している。議員は、普段は喋ることが仕事であるが、今日は聞き役に徹する。この時期に開会式を開催すると多くの人々が熱中症で倒れてしまうのではないか。オリンピックには様々な課題がある。
林田力は木造建築を増やして木場をアピールしたいと述べた。同じ意見は夢の木にも書いた。同じグループでは以下のような意見が出た。
南北公共交通を整備して欲しい。地下鉄が難しけろば、モノレールはできないか。
ワールドカップでのサポーターのゴミ拾いが美談になったが、持ち帰りたくなるようなゴミ袋を配布してゴミを持ち帰ってもらうようにする。
学校毎に応援する国を決めて、その国の言語や文化を学ぶ。
福祉を充実して欲しい。障害者を邪魔物扱いするような意識では世界に対して恥をかく。
長野に住んでいたが、長野オリンピックの後始末で税金が高いままである。生活者のことも考えて欲しい。
やはり暑さが心配である。建物の外壁を工夫できないか。
子ども達が夢を持てるような大会ができないか。

0 件のコメント:

コメントを投稿