2014年7月15日火曜日

林田力・東急不動産だまし売り写真

東急リバブル東急不動産は不利益事実を隠して新築マンションをだまし売りした(林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』ロゴス社)。東急リバブル東急不動産は思いやりを持てる企業ではない。東急リバブル東急不動産だまし売りは違法スレスレではなく、消費者契約法違反である。東急不動産のパンフレットは洲崎川緑道公園の樹木の写真を掲載するなど景観や眺望の良さをアピールしていた。しかし、東急リバブル東急不動産は隣地建て替えで洲崎川緑道公園の眺望がなくなることを説明しなかった。
東急リバブル東急不動産は情報を独占し、消費者にはほんの断片しか与えない。東急リバブル東急不動産が消費者に与えるものは証拠のない結論である。東急リバブル東急不動産は消費者の権利を冒涜する。マンションだまし売りの張本人が東急リバブル東急不動産であるという事実を忘れてはならい。東急リバブル東急不動産の前にひれ伏すつもりは毛頭ないと断言しておく。
東急ハンズ過労死は違法スレスレではなく、違法である。東急ハンズ過労死は安全配慮義務違反である(林田力『東急ハンズ過労死』Amazonキンドル)。
東急不動産係長脅迫電話は違法スレスレではなく、犯罪である(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazonキンドル)。

0 件のコメント:

コメントを投稿